2014年12月26日

クリスマス会

一週間前のことになりますが、教室では一足先に未就学児と小学生のクリスマス会を行いました。クリスマス
みんなでわいわい楽しくおしゃべりしながら食事をして、ケーキを食べ、その後は生徒さんが用意してくれたなぞなぞかるたやトランプゲームをやって遊びました。
前回参加できなかった生徒さんも今回は参加してくれて「楽しかった」と言ってもらえるクリスマス会になりました。
最後は3年生のピアノ伴奏で「きよしこのよる」をみんなで歌って会はお開きに。
無題3.png
楽しいクリスマス会でした。来年も企画する予定なので、みんなまた参加してくださいね。わーい(嬉しい顔)
posted by ピアノの先生 at 23:32| 東京 ☀| Comment(0) | 教室イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

コンクールと検定 その2

7月6日、7日に行われたコンクールとピアノ検定、7日(日曜日)は小学2年の男の子がコンクール予選、そして、大人(女性)の生徒さんがピアノ検定と教室から2名の方がそれぞれ出場しました。


小学2年生男の子、彼はピアノが大好きで、毎回よーく練習してきてくれます。わーい(嬉しい顔)
また、「ここはこういう風に弾きたいな」と、自発的な発言もしてくれるので、私も教えがいがあります。

午後に開催されるコンクールに参加の彼は、曲の最終確認を兼ねて午前にるんるんレッスンに来てくれました。
コンクールに向けて頑張ってきたので、最終確認レッスンでもなかなかの出来栄え。
安心して送り出し、私も演奏を見るため会場へGO!車(セダン)


彼は今回でコンクール出場は、3度目になります。
初挑戦の3年前、予選通過は惜しくも逃しましたが、奨励賞を頂くことができました。ぴかぴか(新しい)
今度こそはと予選通過を目指して頑張った2度目の挑戦、あまり練習に時間が取れなかったため、結果は、、、。ふらふら


でもでもでも、


三度目の正直で、なんと今回 優秀賞を手に入れることができましたexclamation×2ぴかぴか(新しい)


DSCF2204.jpg


今回、優秀賞を手にする事が出来たのは、本人がピアノが好きでピアノの練習を毎日頑張った証だと思います。
そして、彼を応援してくれているお父さんとお母さんのお陰だと思います。
私はほんの少しお手伝いしただけです。

「継続は力なり」これからも頑張りましょう。私も応援します。

そして、「おめでとうわーい(嬉しい顔)



小学2年生の男の子のコンクールを見終わった後、急いで池袋へ。電車
その日の夕方からピアノ検定を受ける事になっている大人の生徒さんが、検定前にレンタルスタジオを借りてピアノの練習をしているので、少し覗いてきました。

前日の6日も猛暑でしたが、7日は猛猛暑あせあせ(飛び散る汗)
じっとしていても汗がしたたりますあせあせ(飛び散る汗)
汗びっしょりでスタジオへ入り、汗が引くのを待って少しるんるんレッスンを。

レッスンをしていて緊張している様子が彼女から伝わって来ます。がく〜(落胆した顔)
しかし、それもそのはず、ピアノ歴はまだ2年にも満たないし、人前で演奏するのは今回のピアノ検定が初めてなのです。

高校時代、吹奏楽を経験していた彼女は楽譜を読む事が出来たので、うちの教室に習いに来て下さった時からスムーズにレッスンを続けてきました。
そんな彼女に「ピアノ検定を受けてみては?」と私の方から提案し、約3ヶ月 2つの曲に取り組んできました


うちの教室には大人の生徒さんが数人います。
そのほとんどの方が現役でお仕事をされています。
彼女もその内のお一人です。
お仕事帰りにレッスンへ通う生活が続いてもう少しで2年になります。
忙しくて思うように練習時間が取れないこともあるかと思いますが、毎週レッスンへ通い、学ぶ事への挑戦をし続けている彼女は、私から見ていて「偉いな〜ぴかぴか(新しい)」と、いつも思っています。←○○さん本心ですよわーい(嬉しい顔)


さて、スタジオを出て、私たちはいよいよ検定がおこなわれる会場へと向かいました。
途中、彼女の妹さんと合流し、会場入り。
DSCF2208.jpg

彼女の妹さん、この日の為に暑い中、和装できてくださいました。exclamation×2DSCF2213.jpg

いよいよ演奏です。
お辞儀をして椅子に座る表情はいつもの見慣れた彼女でしたが、演奏が始まり曲が進むにつれて、緊張が音に現れてきました、、、、。


いつもの力を発揮できなかった彼女でしたが、懸命に頑張ってる姿が評価されて、検定に無事合格することが出来ました。わーい(嬉しい顔)

今回私も彼女に合格点をあげたいと思います。
この日の為に練習に励み、人前で2曲最後まで弾いた彼女、☆☆☆です。

「検定合格おめでとうございました」

DSCF2210.jpg

posted by ピアノの先生 at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | 教室イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

コンクールと検定

7月6日と7日に教室に通ってくださる生徒さんのるんるんピアノコンクール予選とピアノ検定がありました。

6日土曜日は、昨年からうちの教室でレッスンを受けている小学3年生の男の子でした。
コンクールは今回が初参加です。
ピアノはほぼ毎日欠かさず練習しているだけあって、ぐんぐん上達している生徒さんですグッド(上向き矢印)
コンクールに出場が決まってからは、いつもよりたくさん練習をしたそうです。

前日に最終チェックのレッスンを行い、頑張っておいでと送り出しました。


コンクール当日、私も頑張る彼の姿を見たくて、その日レッスンの生徒さんにお願いして時間を空けてもらい見学へ。

その日から晴れ猛暑に見舞われた関東、汗かきかきあせあせ(飛び散る汗)しながら会場へ。

コンクールが行われるホールへ入ると、弾く順番待ちをしていた彼と彼のお母さんが私を見つけ手を振ってくださいました。

緊張しているかと思っていたけど、その顔が笑顔だったので、ほっと一安心わーい(嬉しい顔)

順番は進んで行き、うちの生徒さんの番に。

演奏前のあいさつが、真剣な表情なのかこわばっているのか、とにかく緊張しているように見受けられました。

演奏が始まりました。
出だしは良い感じでするんるん
ところが極度の緊張のせいかいつもの成果が発揮できず、、、、。

でも、2曲目は何とか気持ちを持ち直し美しく弾いてくれましたぴかぴか(新しい)

演奏後、彼と彼のお母さんとお父さんにごあいさつしました。
彼の目には涙が溢れていました。そしてお母さんにも、、、。


今日、彼のレッスンがありました。
あの時の涙は悔し涙だったそうです。
そして、来年またコンクールを受けたいと言ってくれました。

来年こそは自分らしく良い演奏が出来るように、私も彼を応援して行きたいと思います。

DSCF2214.jpg
検定には合格できました。


posted by ピアノの先生 at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | 教室イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする