2015年06月11日

豊島区役所

6月に入り今年2015年も半分になりました。今月から幼稚園へ通う男の生徒さんがレッスンデビューしました。うちの教室、実は男性の生徒さんが結構多いです。わーい(嬉しい顔)
先日、ヤマハ池袋店へその生徒さんと他の生徒さんの楽譜を購入しに行ってきました。
お買い物を済ませ、たまには都電を使って帰ってみようと、都電の駅の方へと歩きだしました。
途中、豊島区役所の案内版が見えたので、「あ、そういえば最近、新庁舎がオープンしたんだ」と思い、
寄ってみることにしました。
豊島区役所は、以前、池袋駅のすぐ近くにありました。
都営バスに乗って池袋駅に行ったことがある人は駅の手前の停留所が「豊島区役所前」なので、多分分かると思いますが、とても古く、あまり大きくない建物でした。
どこの自治体も行政の建物には結構なお金をかけてつくっている中、豊島区役所の前を通る度、「これが本来のあるべき姿だな」と思っていたのですが、耐震性の問題から新庁舎をつくる経緯になったそうです。
新庁舎は、区の学校跡地を利用し、役所の上10階以上が450世帯の分譲マンションが入る建物になっていて、事業費はそのマンションの住戸販売の収入などでまかない、区の一般財源からの支出はゼロだそうです。ひらめき
以前、テレビのニュースでやっていたので、是非見学してみたいと思っていたので寄り道して行って来ました。
DSC_0504.JPG
建物一階にはコンビニやドラックストア、そして地下鉄へつながるエスカレータもあり、えっ?ここ区役所?と驚いてしまいました。
10階に屋上庭園「豊島の森」というものがあったので、まずそこから行ってみることに。
DSC_0500.JPG
森には小川も流れていてこれまたビックリ! 水漏れなど大丈夫なのかと要らぬ心配をしながら見学しました。
DSC_0503.JPG
森は10階と高層なのと、池袋はそんなに高い建物がないので、遠く富士山あたりまで見渡せて景色もいいです。
DSC_0501.JPG

森から庁舎内部に入ってみると、またまたビックリ! 内部が吹き抜けになっています。1階から9階までが吹き抜けだそうで、役所に来たとは思えないつくりです。
途中トイレに行きたくなり、寄ってみたら便器の数も充実しています。個室を覗いてみたら勿論ウオッシュレット完備(確か乙姫つきぴかぴか(新しい)
豊島区民が羨ましくなるほどの建物でした。
数あるエレベータで1階へ降りようとした時、役所の方が区民の方へお先にどうぞと譲っていたもの感心しました。
多額の税金が投入されてこんな豪華な建物をつくったとしたら大変なことですが、ほんと上手く考えましたね。
今日の日記、渡辺篤史みたいな内容の日記になってしまいました。わーい(嬉しい顔)


posted by ピアノの先生 at 23:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする